agzemiagzemi

agzemi の日常、お知らせです

子供とじっくり話し合えるのはいつからか?思ったよりもおとなですよ!

少年が保護されるのは

 

環境に左右されやすいから

 

環境を決定できないから、環境に順応していくしかなく、もしもその時点で間違いを犯しても、監督者〔環境を作る大人〕の責任は大きい。

 

でも、だからといって

子供に判断力がないと

いっているわけではないです。

 

状況を判断し、

より良い適応法を考える能力は

 

早くからあるはず。

 

だから、状況をきちんと伝えて判断を求めると、自分の処理できる範囲内での最適解を導きだします。